インデックス nLite 解説 nLite -オプション・Tweaks-

nLite -オプション・Tweaks-

nLiteで設定できるオプションやTweaksについての解説を行います。

オプションはインストール後に変更できない設定が多いですが、Tweaksに関してはレジストリを弄ってるだけのものが多いので後付け対応も可能です。
設定によって致命的な問題が発生するということも特にないと思われますので、お好みで設定するといいでしょう。


オプション

オプション設定画面は全般とパッチの二つのタブに分かれています。
適切な設定をすることでインストールの高速化や、インストール後の利便性が高まります。

オプションの設定項目

参考画像

全般
  • システム全般
  • Windowsインストール時の設定になります。
    インストールが終わってしまえば関係のない項目ですので、それほど躍起になって設定する必要はありません。

    • クラシックセットアップを使用する
    • Windows XPインストール時の新機能ハイライトなどを非表示にします。
      若干のインストール高速化が期待できます。

    • セットアップの背景を黒にする
    • クラシックセットアップを有効にした際に、インストール時のWindowsロゴも非表示にします。
      若干のインストール高速化が期待できるかもしれません。

  • その他
  • セットアップCDに関する設定などが含まれます。

    • 「Press Any Key...」ブートメッセージ
    • WindowsインストールのためにCD/DVDブートする際の「Press Any Key...」というメッセージを表示するか設定できます。
      無効にするとBIOSなどで特殊な設定をしないとブートができなくなります。ほとんどの場合で有効のままにします。

    • ISO上に現在のプリセットのコピーを保存する
    • 有効にすると作成したISOイメージにnLiteの設定データが保存されます。
      ファイルサイズもそれほど大きくありませんし、トラブル発生時などの参考にできるので有効にしておいた方がいいでしょう。

    • OEM商標を付ける
    • 有効にするとシステムのプロパティの製造元及びサポート元の画像(OEMLOGO.BMP)がnLiteのロゴに置き換わります。
      ほとんど気分の問題ですが、nLiteで作成したOSであることを明示したいなら有効にしておきましょう。

    • Windows Media Playerの互換性を保持する
    • Windowsに標準搭載されている古いバージョンのWMPを削除しますが、互換性を保持して上位バージョンのインストールに対応させます。
      WMP10や11を入れる予定なら有効にしていいでしょう。

    • 古いBIOS情報を削除する
    • インストール中に読み込まれる古いBIOSの情報を削除します。
      2001年以前のマザーボードまたはBIOSを使用している場合は無効のままにしておいてください。

    • 重複ファイルを削除する
    • インストールディスク内の重複ファイルを削除します。
      有効にすることでインストールディスクの容量を削減することができます。

  • ドライバ CAB
  • ドライバファイルやファイルの圧縮率などについて設定できます。

    • 高圧縮
    • インストールディスクに含まれるファイルを高圧縮率で圧縮し、容量の削減及びイメージ作成の高速化を図ります。
      しかしインストール時の展開に時間がかかる可能性がありますので、どちらかといえば無効の方がお勧め。

    • 併合
    • 詳しいことは分かりませんが、ドライバ関連のファイルを一つにまとめるようです。
      どちらでも特に問題はないので、お好みでどうぞ。

  • フォルダ
  • 特殊なフォルダの規定パスについて設定できます。

    • Windows パス
    • Windowsのシステムフォルダ(デフォルトはWINDOWS)のフォルダ名を変更できます。

    • テンポラリフォルダ
    • 一時ファイルが保存されるテンポラリフォルダのパスを指定できます。

    • プロファイルパス
    • ユーザーのプロファイルなどが保存されるフォルダのパスを変更できます。

  • 言語
  • マルチユーザーインターフェースに関する言語の設定などが行えます。

    • MUI言語サポートエントリを消去する
    • 多言語インターフェースに対応するためのサポートエントリを削除します。
      日本語だけで使用するなら削除して問題ありません。

    • 削除された言語のコードページを保持する
    • MUI言語サポートエントリを削除する際、言語のコードページのみ保持します。
      言語のコードページはOfficeのアップデートなどに使用されるようですので、Office使う方は有効のままで。

  • 要求条件
  • OSインストール時のハードウェアの最低条件の要求を無効化できます。
    最低ハードウェア要件を満たしていないマシンに無理やりOSをインストールする際には無効化しなければなりません。

    • HDD空き容量の最低要求条件
    • 空き容量が最低条件を満たさない場合でもインストールを強行します。
      ちなみにXP無印の最低空き領域は1.5GBだったはず。

    • メモリ容量の最低要求条件
    • メモリ容量が最低条件を満たさない場合でもインストールを強行します。
      XP無印の最低要件は128MB。

パッチ
  • 最大同時接続数 (TCP/IP パッチ)
  • Windows XP SP2以降、セキリュティのためTCP/IPの同時接続数上限は10に制限されてしまいました。
    nLiteではtpcip.sysにあらかじめパッチを当て、この上限数を書き換えることができます。
    10はあまりにも少ないので100~1000程度まで増やしておくことをお勧めします。

  • USB ポートポーリング周波数
  • 一部の高解像度のマウスでは周波数を上げてやる事で、カーソルのより細かい動作が可能になります。
    マウスの解像度などについての情報はマウスの説明書などで確認してください。

  • 無署名テーマのサポート (Uxtheme.dll パッチ)
  • 本来は署名されたテーマしか使うことができませんが、ここでパッチを当てておくとインターネット上などで配布されている無署名のサードパーティ製テーマも使えるようになります。

  • SFC (Windows ファイル保護 [WFP])
  • システムフォルダ内のファイルの書き換えを検出し、警告する機能です。
    セキリュティ上重要な機能ではありますが、邪魔になるという方は無効にするといいでしょう。

Tweaks

Tweaks設定画面ではレジストリなどを操作し、インストール後にそれらの設定をする手間を省きます。
殆どの項目はインストール後からでも対応できますので、無理に設定する必要はありません。

この項目に関してはnLiteに詳細な解説が付属していますので、そちらを参考にしてください。

Tweaksの設定画面

参考画像

nLiteでの設定はこれですべて完了です。お疲れ様でした。
「次へ」ボタンを押すと、今までの設定を基にnLiteがアップデートの統合やコンポーネントの削除を行うタスクに入ります。
しばらく時間がかかるので、気長に待っていましょう。
タスクが完了したら完成したディスクの使い方に進みます。

タスクが完了したらディスクの作成作業に入ります。

参考画像
スポンサードリンク