インデックス nLite 解説 nLite -完成したディスクの使い方-

nLite -完成したディスクの使い方-

nLiteを使って作成したWindows インストールディスクの扱い方や、使う際の注意などについて解説していきます。


ブータブル ISOイメージの作成

nLite起動時のオプションで「ブータブルISOイメージ」を選択していれば、全タスク完了後に以下のようなウィンドウが表示されます。

ブータブルISO イメージ作成画面

参考画像

このウィンドウではWindowsインストール時にCD/DVDからブートするためのディスクイメージ(ISO)を作成することができます。

ISOというファイルを知らない方は、CDやDVDなどのディスクをそのままファイルに変換したようなものだと思ってください。
このファイルはCDやDVDにトラックとして書き込むことができます。

CDに直接書き込むこともできるのですが、正常に起動するかどうかも分からないディスクイメージをCDに書き込み、そのディスクでインストール時にエラーが発生してしまった場合、そのCDは無駄になってしまいます。
さらに他にパソコンがなかった場合、正常に起動するパソコンがなくなり二進も三進もいかなくなってしまう可能性すらあります。

ですので、まずはISOイメージを作成して仮想PCなどでテストすることをお勧めします。
ISOイメージを作成するにはモードで「イメージ作成」を選択し、右下の方にある「ISO 作成」というボタンを押します。

完了したら、作成したISOのテストに入ります。


完成したディスクのテスト

完成したISOファイルがちゃんと正常に動作するか仮想マシンでテストします。
仮想マシン作成ソフトはMicrosoft純正の「Virutal PC」(無料)やVMware株式会社の「VMware Player」(無料)などが有名です。
とりあえずVirtual PCにインストールし、インストールの過程、またはインストール完了後に特にエラーが発生しなければ、実機にインストールしてもエラーが発生する可能性は少ないでしょう。
仮想マシン作成ソフトについての解説は割愛します。

仮想マシンにOSをインストールする際はHDDから直接データを読み込むため、CDからのインストールに比べ遥かに高速に完了します。
それほど時間がかかることもないと思いますので、必ず一度はテストをしておきましょう。


ブータブルディスクの作成

動作確認をしたら、いよいよISOをディスクに焼いてWindowsのインストールに入りましょう。
ISOを焼くのには対応したライティングソフトを使ってください。

使うメディアはなるべく読み込み速度が高速なものがいいでしょう。
DVD-R/RWあたりを使うとあっという間にインストールが完了してしまいます。

完成したら、後は普通のWindows再インストールの手順と同じです。
それではインストールの無事成功を祈っています。

スポンサードリンク