インデックス ソフトウェア Comfortable PC Comfortable PC 使い方

Comfortable PCの使い方

あまりにも検索エンジンで「Comfortable PC 使い方」と検索してくる人が多いので専用ページを作りました。
起動から設定までの一連の流れや、各ツールの使い方などについて解説します。

付属のヘルプファイルにも詳しい解説がありますので、そちらもご覧ください。
またバージョンアップや仕様変更によって、このページの内容と実際の使い方が異なってくる可能性もありますのでご了承ください。

また、よくある質問についてはComfortable PC サポートページをご覧ください。


Comfortable PCの基本的な使い方
Comfortable PCを起動すると以下の画面が表示されます。初回起動時では標準モードで起動されます。

上の方のタブで設定する項目のカテゴリを選択し、オンにしたい項目にチェックを付けます。
項目のチェックボックスの上にカーソルを合わせるか、クリックするとその項目の解説が参照できます。
それぞれの項目にメリットとデメリットがありますので、解説を参考にして設定するかどうかを選択してください。

一通り各項目に目を通しチェックを付けたら、右下にある「適用」ボタンを押します。
これでチェックの付けられた項目の設定が反映されます。

拡張モード
Comfortable PCでは上級者の方向けに、より詳細な設定が行える「拡張モード」を搭載しています。
拡張モードを使用するには、標準モードで使用しているときにメニューバーから「ツール→拡張モード」を選択します。
拡張モードでは「拡張設定1」「拡張設定2」「サービス」「スタートアップ」の4つのタブが追加され、一部の項目の詳細設定や、ネットワーク関係のパラメータ設定、サービスやスタートアップの管理が行えます。

上級者の方なら拡張モードでより詳細な設定が行えます。

参考画像

Auto Analysis
Auto Analysisはお使いのコンピュータの性能や環境にあわせて適切な設定をする為の自動設定ツールです。
標準設定でグループ分けされた設定項目から診断対象にしたいものと、診断レベルを設定して下さい。
診断レベルは「セキュア」と「パフォーマンス」の二つがあります。

・セキュア
設定した際の安全性を優先し、システムへ与える影響が小さいような設定項目を優先的に選択します。
またセキュリティ面なども考慮されており、これらを保持した上で高速化を図れる診断結果を提示します。
初心者の方やComforttable PCを初めてお使いになる方などはこちらを選択するようにしてください。

・パフォーマンス
ある程度の安全性も考慮に入れた上で、設定後の高速化を優先してシステムに大きな影響を与えるような設定なども有効にします。
設定後の効果も大きくなりますが、環境によってはトラブルが起きる可能性も少なからず残ります。
Comfortable PCの各設定項目の意味を理解されている上級者の方や、設定後のトラブルシューティングができる方などにお勧めします。

なおAuto Analysisが完了しても設定はまだ反映されていません。全ての設定はメイン画面の適用ボタンを押されるまで適用されません。
また、どちらの診断レベルで実行した際でもAuto Analysis完了後は診断結果に一通り目を通し、問題のある設定項目がないかチェックして下さい。

モードを選択して実行ボタンを押します。

Comfortable PC

MTU/RWIN 最適値測定ツール (拡張モードのみ)
ご利用のインターネット回線に最適化したパラメータを設定することで、回線速度の大幅な高速化が期待できます。
具体的にはMTUとRWINという値が主な設定項目になるのですが、これの最適値を手動で求めるのは少々大変になります。
ですが、Comfortable PCに搭載している「MTU/RWIN 最適値測定ツール」を使用すれば、回線情報の入力だけでMTUとRWINの最適値を求めることが出来ます。

MTU/RWIN 最適値測定ツールを使用するには、拡張モードで実行時にメニューバーから「ツール→MTU/RWIN 自動測定ツール」を選択します。

「MTU/RWIN 自動測定ツール」で、回線速度の高速化を図れます。

参考画像

測定先サーバーにはよく利用するサイトや、契約しているプロパイダのWEBサーバーを指定してください。
またこのコンボボックスのリストの内容はComfortable PCの入っているフォルダ内の「hostlist.ini」で追加できます。
回線帯域幅には利用している回線速度を選択します。一部に注釈が入っているので参考にしてください。

以上を選択したら、右側の「測定開始」ボタンを押します。測定は全自動で行われ、数十秒から数分で完了します。
測定中にエラーが発生した場合は、測定先サーバーを変えたり、しばらく時間をおいて再測定してみてください。

測定が正常に完了したら右下の「適用」ボタンを押します。
これで拡張設定2タブのMTU/RWINの値に測定結果が入力されます。
その後、Comfortable PCメインウィンドウの適用ボタンを押せば設定が反映されます。

スポンサードリンク