インデックス Windows 高速化 Windows VistaのUACを無効にする

Windows VistaのUAC(User Account Control)とセキリュティセンターからの警告を無効にする

Windows Vistaから搭載されたUAC(User Account Control)という機能を無効化し、その際に通知領域から表示される警告なども非表示にします。
UACはアプリケーションのインストール時などにユーザーに確認をとったりすることで、意図しない操作、または許可するつもりのない操作を実行しようとするプログラムの起動を防ぎます。
セキリュティ上重要な機能ですので、無効にする際はよく考えた上で行ってください。
UACの無効化についてはRegファイルを用意しましたので、レジストリ操作が面倒な方はそれを使ってください。


UACの無効化
  1. レジストリエディタを開く
  2. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]を開く
  3. DWORD値[EnableLUA]を開き、値のデータに[0]を指定(元に戻すときは1を指定)
UAC無効化Regファイル

セキリュティセンターからの警告メッセージ、アラートの無効化
  1. コントロールパネルからセキリュティセンターを開く
  2. 右側にある「セキリュティセンターの警告方法の変更」をクリック
  3. 「通知は受け取らず、アイコンも非表示にします」をクリック

セキリュティセンター右側の「セキリュティセンターの警告方法の変更」をクリックします。

参考画像

「通知は受け取らず、アイコンも非表示にします」を選択します。

参考画像
スポンサードリンク