インデックス Windows 高速化 ZIPアーカイブのサポートを無効化する

ZIPアーカイブのサポートを無効化する

Windows XPでは標準でZIPアーカイブの圧縮・解凍をサポートしているため、エクスプロラーなどからフォルダと同じように直接アーカイブを開くことができます。
しかしサードパーティ製のアーカイバを使用している場合、この機能は無用の長物になりかねません。

今回はこの機能を無効化してエクスプローラなどの動作の高速化を行います。


  1. スタートメニューで「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. [regsvr32 /u zipfldr.dll]を実行します。

これでZIPアーカイブのサポートが停止します。
また、拡張子「.cab」のキャビネットファイルのサポートも以下のコマンドを実行することで停止することができます。

[regsvr32 /u cabview.dll]

もしサポートを復旧したい場合は、それぞれ[regsvr32 zipfldr.dll],[regsvr32 cabview.dll]で再開させることができます。

以上の方法で圧縮ファイルのサポートを打ち切るとファイル検索時の対象からも除外されるため、検索速度の向上も期待できます。

スポンサードリンク