インデックス Windows 高速化 不要なドライバを無効にする

不要なドライバを無効にする

Windowsには標準で様々なドライバがインストールされており、それらのドライバはWindows起動時にメモリ上に読み込まれます。
しかし使用しないドライバを読み込んでもメモリの無駄になりますので、不要なドライバを無効にすることでメモリの節約、起動の高速化につながります。
不要なドライバは各自判断してください。(プリンタを使用していないならプリンタドライバを無効化する、等)


手順

  1. システムのプロパティを開く
  2. [ハードウェア]タブから[デバイスマネージャ]ボタンを押す
  3. 不要なドライバを選択し、右クリックを押して「無効」を選択

デバイスマネージャを開きます

参考画像

不要なドライバを無効化します

参考画像
スポンサードリンク