インデックス Windows 高速化 Intel製グラフィック使用時のオプションメニューを非表示にする

Intel製グラフィックの使用時のグラフィックオプションへのメニューを非表示にして高速化

最近のIntel製マザーボードを搭載したパソコンだと、画面出力機能にオンボードのグラフィック機能を使っているものが多いです。
その場合、デスクトップで右クリックした際に「グラフィックオプション」と「グラフィックプロパティ」のメニューが表示さるのですが、これらのメニューを読み込むために若干時間がかかります。
今回はこのメニューを非表示にしてデスクトップ上でのショートカットメニュー表示を高速化してみましょう。


まずはデスクトップ上で右クリックし、ショートカットメニューに「グラフィックオプション」と「グラフィックプロパティ」があることを確認します。
もしも無ければ今回のカスタマイズを設定しても意味がありません。

上が表示されるのを確認したら、Intel ホームページにアクセスし、「Remove_Intel_Menu.reg」というリンクからregファイルをダウンロードします。
これを結合すると、次回の起動時からデスクトップのショートカットメニューに上の二つが表示されなくなり、その分表示が速くなっているはずです。

今回のカスタマイズと関連する「ShellExViewで不要なシェル拡張機能を無効化」も参考にしてみてください。

スポンサードリンク