インデックス Tips 各種テンポラリフォルダの場所を変更する

各種テンポラリフォルダやキャッシュの場所を変更する

Windowsのテンポラリフォルダをはじめ、ブラウザのキャッシュなど、様々なアプリケーションがシステムディスク上を一時的なファイルの置き場として利用しています。
しかしシステムディスクにSSDなどを使用している場合、ここを頻繁にデータの書き換えが起こる一時フォルダとして使われるのは避けたいところです。

このページでは、Windowsのテンポラリフォルダの移動方法、各種ブラウザのキャッシュフォルダの変更方法などを解説します。


Windows テンポラリフォルダ

システムのプロパティを開き「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンを押します。

ウィンドウ下部の「環境変数」ボタンを押します。

参考画像

上のボックス内にある「TEMP」「TMP」、下のボックス内にある「TEMP」「TMP」をそれぞれ選択し、編集ボタンを押した後、任意のフォルダのパスを入力してOKを押します。

変更する値(TEMP,TMP)を選択し、編集ボタンを押します。
下のボックスの方は少しスクロールすると「TEMP」などの値があります。

参考画像

テンポラリフォルダの移動先のパスを入力します。
なお、上の変数名は変更しないで下さい。

参考画像

当然ですが、SSDの負担を低減する為に変更する際はSSD以外のディスクのドライブに変更しなければ意味がありません。
またラムディスクなどを利用している場合、そちらに移動することも可能です。
ラムディスクは電源を落とした際にデータが失われますが、きちんとシャットダウンした場合であればアプリケーションは正常終了する為、テンポラリ上のファイルは削除されても問題ないようです。
心配な場合はHDDなどの方に移した方が賢明でしょう。

Internet Explorer

コントロールパネルなどから「インターネットオプション」を開き、「閲覧の履歴」の「設定」ボタンを押します。
表示されたウィンドウの中ほどにあるフォルダーの移動をクリックし、キャッシュフォルダの移動先を指定します。
この後、場合によってはログオフを求められます。

閲覧の履歴の設定を開きます。

参考画像

「フォルダーの移動」を押し、任意のキャッシュフォルダ移動先を選択します。

参考画像

これでIEのテンポラリフォルダ移動の設定は完了です。

Firefox

Firefoxではオプションなどからキャッシュフォルダを移動することは出来ません。
アドレスバーに「about:config」と入力してページを開きます。この際に設定を変更する事に対する警告メッセージが表示されることがありますので、OKボタンを押して下さい。
about:configにはFirefoxの各種設定が保存されています。この中から「browser.cache.disk.parent_directory」という設定値を探します。
しかし膨大な数の設定値がありますので、ページ上部のフィルタに「browser.cache.disk.parent_directory」と入力して探した方が早いでしょう。

該当する設定が見つかった場合は、設定を右クリックして「値を変更」を選択し、値にキャッシュフォルダの移動先としたい任意のフォルダへのパスを入力して下さい。

見つからなかった場合は設定値を作成する必要があります。
ページ内で右クリックし「新規作成→文字列」を選択、設定名に「browser.cache.disk.parent_directory」を入力して、作成した設定に任意のフォルダへのパスを入力して完了です。

browser.cache.disk.parent_directoryが見つからない場合は作成して下さい

参考画像
スポンサードリンク