インデックス Windows 高速化 全デバイスの自動実行を無効化する

全デバイスの自動実行を無効化する

VistaはCDやUSBメモリ等がパソコンに挿入された際に、指定された動作を実行する「自動実行機能」があります。
例えば音楽CDが挿入された際にWMPを起動して再生したりします。

確かにユーザーがいちいち動作を指定する必要がないので便利といえますが、USBメモリにウイルスを仕込み、この機能を悪用してユーザーの気づかないうちに感染するウイルスなどが多数あります。
また、パソコンを扱い馴れたユーザーにとってはこの機能が逆に邪魔に感じることもあるでしょう。

今回はこの機能を無効にしてセキリュティを高めるとともに、システムへの負担を減らしてパフォーマンスの改善を行いましょう。


手順

1,コントロールパネルを開きます。
2,「自動再生」を開きます。
3,自動再生のオプションの一番上にある「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックを外します。

参考画像

3,右下の「保存」ボタンを押します。

もし一部のデバイスにおいて自動再生が必要ならば、各項目の自動実行方法を選択すれば個別に設定が可能です。

スポンサードリンク