インデックス Windows 高速化 レジストリをデフラグして読込を高速化

レジストリをデフラグして読込を高速化

Windowsの各種設定情報が保存されているレジストリですが、そのレジストリもHDD上に保存されているファイルです。
メンテナンスを怠れば、他のファイルと同じように断片化して読込が遅くなる現象が発生します。
レジストリはWindows起動時をはじめ、多くのアプリケーションが設定情報を参照するために頻繁にアクセスしますので、レジストリへのアクセス速度の低下はシステム全体のパフォーマンスの低下を引き起こします。

今回は特殊なソフトを使ってレジストリの最適化を行い、断片化の解消と、肥大化したデータベースを減量する方法を紹介します。


使用するレジストリデフラグソフト

Auslogics Registry Defrag
レジストリデフラグ後、どのようなキーやエントリを最適化したのかや、最適化前後の比較が出来たりします。
デフラグ後のレポートを確認したい場合などにお勧めです。

NTREGOPT (NT Registry Optimizer)
シンプルなインターフェースで、簡単に使用することが出来ます。
デフラグ前後で何%の減量が行えたかが確認できる程度で、レポート機能もシンプルです。
手っ取り早く済ませたい場合はこちらがお勧めです。

デフラグする内容自体は上記のどちらのソフトを使っても同じなので、気に入った方を選択してください。
今回は例としてNTREGOPTを使ってレジストリの最適化を行います。

NTREGOPTを使った最適化

ダウンロードしたインストーラを実行し、NTREGOPTをインストールします。
英語ですが、特に変わった操作は必要ないのでOKを押していれば完了します。
インストール後はNTREGOPTを起動しましょう。

起動するといきなり下のようなダイアログが表示されます。
OKを押すとデフラグが開始されますのが、デフラグ実行中はシステムが若干不安定になるので、開始する前に不要なアプリケーションは全て終了させておきましょう。

OKボタンを押すとレジストリの最適化が開始されます。

参考画像

OKボタンを押すと最適化が開始されます。
しばらく時間がかかります。

完了までしばらく待ちましょう。

参考画像

完了後、減量したレジストリのサイズが表示されます。

最適化前後のレジストリのサイズ情報です。

参考画像

レジストリの最適化はそれ程頻繁に行う必要はないと思われますが、レジストリクリーナーなどを使って不要なレジストリを削除した後に最後の仕上げとして行うと効果が高いのではないでしょうか。
シャットダウン前に、たまに気がついたらやっておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク