インデックス Windows 高速化 Windowsのシャットダウンを高速化

シャットダウンを高速化

Windowsをシャットダウンする際に「設定を保存しています…」という表示のままいつまでたっても電源が落ちない、ということがあります。
大抵はプロセスやリソースなどがエラーなどで応答しなくなったにも関わらず、Windowsがそれらの応答を居ずっと待っているために起きている現象です。
これを回避する方法として、レジストリ操作やMicrosoftの配布しているツールをインストールするという手段があります。
レジストリ操作に関してはComfortable PCの方に搭載されている機能ですので、そちらをお使いください。
今回はMicrosoftが配布している「User Profile Hive Cleanup Service」のインストールとその内容について解説したいと思います。


User Profile Hive Cleanup Serviceをインストール
とりあえずUser Profile Hive Cleanup Serviceをインストールしましょう。
Microsoftダウンロードセンターから入手することができます。残念ながら日本語版は用意されていませんが、インストールすれば後は勝手に動作してくれるソフトなので特に気にする必要はないでしょう。
インストールは適当に進めれば完了します。

インストールが完了するとサービスに「User Profile Hive Cleanup Service」が追加されます。(msconfigなどで確認してみてください)
このサービスはプロセスなどに使われなくなったリソースなどを自動的に開放してくれます。
これによりメモリ上に応答しないリソースが残ることはなくなり、シャットダウンが相当スムーズになります。
いらないリソースを解放するので、メモリ節約にも効果がありそうです。

シャットダウン処理がいつまでたっても終わらないという方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク