インデックス

SSDはその仕組み上データを書き換える際に上書きということが出来ず、既にデータが保存されている箇所を書き換える際には、必ずデータを削除する必要があります。
このため、Windows上で理論的に削除(ゴミ箱から削除など)した状態で、新たにデータを書き込もうとすると、まだSSD上に残されているデータを一旦削除する必要があるため、書き込みにかかる時間が長くなってしまいます。

こういった問題を回避するため、最近のSSDにはTrim(トリム)と呼ばれるコマンドが用意されています。
TrimコマンドはOSが完全削除可能な領域を予め通知することで、SSDが削除を実行しておき、すぐに書き込み可能な領域を確保することが出来るコマンドです。

TrimコマンドにはWindowsでは7以降のバージョンが対応しており、それ以前のWindowsではSSD Toolboxなどのサードパーティのソフトを使う必要があります。


Trimコマンドが有効かどうか確認

Windows 7では、SSDがTrimに対応していれば基本的にTrimをデフォルトで有効にします。
ですが、何らかの原因でTrimに対応しているSSDでもTrimコマンドが無効にされている場合があります。
コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドでTrimが有効かどうか確認できます。

fsutil behavior query DisableDeleteNotify

このコマンドの実行結果で「DisableDeleteNotify = 0」となっていればTrimコマンドが有効になっています。
逆にDisableDeleteNotifyの値が1だった場合、Trimコマンドが無効化されています。

Trimコマンドを有効化

SSDがTrimに対応しているにもかかわらず、上記のコマンドでTrimが無効になっていた場合は以下のコマンドでTrimを有効に出来ます。

fsutil behavior set DisableDeleteNotify 0

逆にテスト目的などでTrimを無効にしたい場合は、上記のコマンドで0の箇所を1に変更すれば無効化されます。
Trimコマンドを使用することによる弊害は特にないと思われますので、対応しているSSDなら是非利用しておきたいところです。

スポンサードリンク