インデックス Windows 高速化 システムの復元を無効にする

システムの復元を無効にする

システムドライブ以外のドライブの復元を無効にし、システムへの負担を減らしパフォーマンスを向上させると共に、ディスクの空き領域を増やします。
システムドライブでも復元機能を無効にできますが、問題発生時のことを考えるとあまり推奨はできません。


手順

  1. システムのプロパティを開く
  2. [システムの復元]タブで、システムドライブ(普通ははC:)以外のドライブを選択し、設定ボタンを押す
  3. 「このドライブのシステム復元機能を無効にする」にチェックをつけ、OKを押す

※システムの復元タブで「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」を選択すると、システムドライブも含め、全ドライブでシステム復元が無効になります。

システムの復元タブでシステムドライブ以外のドライブを選択して「設定」を押します

参考画像

「このドライブのシステム復元機能を無効にする」にチェックを付けます

参考画像
スポンサードリンク